愛犬用郵送検診キット わんわんチェッカー



犬のしつけ ‐ TVチャンピオン2回優勝者!遠藤和博の犬のしつけ講座

犬の白内障も進行すると失明にいたることも…

犬の白内障は犬の病気ですが、人間の白内障と同様に水晶体の一部や全てが白くにごる病気です。
進行すると視力が低下し、失明に至ることもあります。

症状として、瞳孔よりも奥にある水晶体を覗き込んで瞳孔の奥が白くぼんやりとなっていたら、「白内障かな?」と疑ってみてください。
犬の場合も、人と同じように老齢によるものが一般的だと考えられます。
6歳以上になった犬で、徐々に症状が進行してきたのであれば、老齢化による変化として考えればいいと思います。

6才未満で症状が現れることがあれば、その犬の先天性の病気である可能性をうたがう必要があります。
先天性の他にも、外傷性、糖尿病、中毒などが原因で白内障になることもあります。
いずれにせよ、犬の目のにごりが気になるのであれば、かかりつけのお獣医さん、または、もよりの動物病院にて診断してもらうことをおすすめします。

犬はもともと視力が弱い動物。病気に気づかないことも…。

人とは違って、犬は元々視力が弱い動物です。
人の視力にたとえてみれば「近視」に近いでしょう。
また、人の場合なら「目がかすむ」「ぼやけて見える」「見えづらい」などの症状を感知すれば、自分から病院なりメガネ屋さんなりに行けます。
しかし、犬は自分からは行けませんし、それ自体を「犬の病気」とも感じません。

仮に、飼い犬が片方の目を白内障で視力を失い、盲目になったとしても、そのことに飼い主が気にとめていなければ、一生気づかないで過ごしてしまうかもしれません。
犬は、日々の生活習慣の中で、食事をする場所や水を飲む場所、トイレをする場所などを自然と記憶しています。
だから、全盲や見えにくい状態であっても体が自然と覚えていて、日々の行動には大きな支障はなくすごしてしまう場合があります。
実際に飼っている愛犬が盲目になったとしても、何日もしくは、数週間が過ぎても飼い主が気がつかないケースも多々あります。
これは、面倒見のいい飼い主でも起こりうることです。

治療法としては、主に病気の進行を遅らせることを目的とした治療となり、白内障がいちじるしく改善することはまれです。
中には、人と同様に外科療法(白濁した水晶体部分を取り除く手術)を施すこともありますが、完璧な治療法としては確立されてないのが現状です。

犬の病気としての白内障を目の当たりにしたら、下手に家具の配置を変えたり、今までとは大きく変化させることは禁物。
犬は視覚以上に聴覚、臭覚などが発達してますから日常生活には困りません。
ただ、散歩の時などは自転車や自動車、人の動きなどの周りの危険を飼い主が察知して、不安を少なくする努力を惜しまないようにしてください。
そして、たえず触ってあげたり、話しかけてあげることが懸命です。


【ニュース】 愛犬も高齢化時代を迎え、病気の早期発見・早期治療が大切!
----------------------------------------------------------------------
イヌも人間と同じように高齢化時代を迎え、
生活習慣病など加齢にともなう病気が増えてきました。
これらの病気を早めに発見できれば、
進行を抑えたり、症状を改善したりすることが可能です。
私達人間と同じように、愛犬にも定期的な健康診断が必要になっています。

愛犬用郵送検診キット わんわんチェッカー は、
愛犬の尿と便を郵送するだけで、自宅に居ながら愛犬の健康状態をチェックできます。
キットの中の採取器具で尿と便をとって送付していただくと、
約1週間後、飼い主様のお手元に検査結果が届きます。

検査内容は以下のとおりです。
(検査は、国の認可を受けた登録衛生検査所で実施されますので安心です。)
----------------------------------------------------------------------
 尿中の「糖・たん白・潜血・PH・比重」と便中の「寄生虫」を調べる検査です。
 尿検査は、糖尿病・腎臓疾患・尿路疾患などのスクリーニング(ふるいわけ)検査、
 便検査は、回虫・鉤虫・鞭虫・条虫などの検出検査となります。
----------------------------------------------------------------------
検査結果が基準値範囲外の場合や陽性の場合は、獣医さんにご相談される
ことをおすすめします。
この検査は、愛犬の大きさにかかわらず、どんな犬種でも検査可能です。

→愛犬用郵送検診キット わんわんチェッカーのご購入はこちら


ワンコの為の実用東洋医学【ダウンロード版】 〜 指圧マッサージで手作りアンチエイジング 〜
≪ 犬の病気:吐く・嘔吐 | 犬の病気:皮膚 ≫