愛犬用郵送検診キット わんわんチェッカー



犬のしつけ ‐ TVチャンピオン2回優勝者!遠藤和博の犬のしつけ講座

犬の病気…「吐く」「嘔吐」はある意味、自然の摂理。

犬の病気…「吐く」「嘔吐」はしばしばある症状です。
たとえば散歩の途中、昼寝の最中など、いきなり犬が吐くことがあります。
飼い主は当然、ビックリしたり、心配になると思います。
でも、これらは犬の病気とあまり関連性がなく、犬自体が正常な体を求めるための生理現象である場合が多いのです。
もともと「吐く」=「嘔吐」という生体の反応は、「身体の不要なものを外へ排出する」ための反応です。
たとえば、散歩の途中であれば、たぶん道路わきの草を食べたのが原因だったりします。
あるいは、寝ていたのにいきなり起きだして吐く場合は、寝る前に必要以上に食餌を摂取したり(食べ過ぎ)、味の濃いものを摂取して胃がびっくりしたとも考えられます。

犬の病気…「吐く」「嘔吐」、注意が必要な時は?

しかし、愛犬が一日のうちに何度も吐いたり、吐き気を催したりする場合はちょっと注意が必要。
あるいは、飼い主が見ていて、犬の吐くしぐさが苦しそうに見受けられる場合も注意が必要。
さらに、吐いたもの(吐瀉物)の中に血や異物などが混じっていたりした場合は、ちょっとアラーム信号。
重大な犬の病気と疑うことが必要なケースかもしれません。
愛犬が吐く…飼い主の心配性で無駄足になることもあるかもしれませんが、獣医師に診療してもらうことが一番の安心かと思います。

消化器の感染症、悪性リンパ腫、回虫症、胃捻転などの危険性…

基本的には、吐く事自体が犬自体の自然の摂理の場合もあります。
しかし、内蔵疾患や、感染症、胃や腸の大きなダメージ、異物の飲み込み(プラスチックや石、かたい骨など)などなど、「もしも」を考えると、判断は先手先手でいけないことはありません。
そして、そのためには日頃の犬の行動を把握する必要があります。
前述の生理現象ではないと思われる症状の場合は、獣医師に愛犬の嘔吐の状況などを正確に説明することが懸命です。
考えられる病気としては、消化器の感染症、悪性リンパ腫、回虫症、胃捻転などがあります。

【ニュース】 愛犬も高齢化時代を迎え、病気の早期発見・早期治療が大切!
----------------------------------------------------------------------
イヌも人間と同じように高齢化時代を迎え、
生活習慣病など加齢にともなう病気が増えてきました。
これらの病気を早めに発見できれば、
進行を抑えたり、症状を改善したりすることが可能です。
私達人間と同じように、愛犬にも定期的な健康診断が必要になっています。

愛犬用郵送検診キット わんわんチェッカー は、
愛犬の尿と便を郵送するだけで、自宅に居ながら愛犬の健康状態をチェックできます。
キットの中の採取器具で尿と便をとって送付していただくと、
約1週間後、飼い主様のお手元に検査結果が届きます。

検査内容は以下のとおりです。
(検査は、国の認可を受けた登録衛生検査所で実施されますので安心です。)
----------------------------------------------------------------------
 尿中の「糖・たん白・潜血・PH・比重」と便中の「寄生虫」を調べる検査です。
 尿検査は、糖尿病・腎臓疾患・尿路疾患などのスクリーニング(ふるいわけ)検査、
 便検査は、回虫・鉤虫・鞭虫・条虫などの検出検査となります。
----------------------------------------------------------------------
検査結果が基準値範囲外の場合や陽性の場合は、獣医さんにご相談される
ことをおすすめします。
この検査は、愛犬の大きさにかかわらず、どんな犬種でも検査可能です。

→愛犬用郵送検診キット わんわんチェッカーのご購入はこちら


ワンコの為の実用東洋医学【ダウンロード版】 〜 指圧マッサージで手作りアンチエイジング 〜
≪ 犬の病気:足の病気 | 犬の病気:白内障 ≫